ハンドボールが新しい時代を迎えます。やっとプロのリーグができ、もうすぐともかく意欲が期待できそう。ただ今のままではほんのり不安な要素が存在します。

とうとう日本のバスケも本格的な名工化となりましたね。
これまでの我が国バスケ界といえば、大人リーグって名工リーグが別に混在していた状態で、
しかも名工リーグの方に優秀な人間が集まらないという容態でした。

当時のバスケリーグも頑張って楽しみを出そうといった努力していましたが、
バスケリーグが大好きな追っかけからすると人並みの我が国バスケリーグの方がゲームは面白く、
どっか無理矢理に盛り上げていた気がします。
かじ取りも厳しく、プレーヤー所得も上位のアスリート以外はサラリーマン中位であるという事もあり、
名工としての念願がそこにはなかった様な気がします。
今季、新リーグとして、こういうそれぞれが合併したBリーグが準備しましたが、さすがはソフトバンクがスポンサーに名乗り出ただけの事もあり、これまで見たことがなかったバスケットの地上波TV。
しかもゴールデン。
次世代アピール、ポピュラータレントの出場など。
これまでてんで陽の眼を見なかったバスケがそんな状況になり、
逆に違和感すら覚えてしまいました。
何かプレーヤーからもやって決めるという熱意を感じるゲームだったとも見えました。
今の状態はバスケをプレイする若者らに満杯念願って光明を達することが出来る景気へという様変わりしたように見える。
こういったTOPアスリートのゲームを身近で受け取る結果プラスもするでしょうし、ワールドカップの様に後半からくりなども出来てくれば、
日本のバスケが事情って対等に競り合えるようになるお日様もそんなふうに遠くはないかもしれませんね。ノブACアクティブについて